Bathking in the sun.

Bathking in the sun.

時事ネタ,投資,美容と健康について情報発信をするブログです。

頑張ったといえるのはどんな時か

今日は4回生の初めての雑誌会だった。Natureの雑誌読んでる子もいて、内容が難しすぎて全然ついていけなかった。来週は自分の番。そろそろ本格的に推敲&口頭練習に入らないと。


今日先生に雑誌の分からないところを質問しに行って中身について色々話してたら、「ちゃんと分かってるやん。」って言われた。そう言ってもらって嬉しかったんだけど、私にとってはまだ分からないことだらけで、どこか満足できなかった。
これがあって、昔塾の子とした「頑張った。と言えるのはどんな時か?」っていう話を思い出した。
その子は「頑張ったといえるのは周りが頑張ったと認めた時。自分がいくら頑張ったと思っても、周りにそれが伝わっていなかったらそれは頑張ったとは言わないから。」って思ってて、私は「自分が決めた事を達成出来た時。周りの人にいくら頑張ったね。って言われても、それが自分にとって満足できるものではなかったら、心から納得することはできないから。」って思った。
やっぱり私は自分中心の考え方で、自分が「分かってる。」と思わない限り周りにそういわれようと納得できない性質なんだなと思った。そして逆に一度「分かってる。」と思ってしまうとそれで達成した気になってしまって、自分が「分かってる。」という事を相手に伝える努力をしない所が、私の悪いところなんだなと思った。