Bathking in the sun.

Bathking in the sun.

趣味の旅行,写真,絵に関する情報や時事ネタ,投資の話などで役立つ情報発信をしていきます。

in or out

現代社会は、情報が溢れ過ぎてるよね。
たまには、外部の情報遮断して時間を過ごすのもいいかもしれない。

なんでこんな事を考えているのかというと、
今テレビで「情報原人」という企画をやってて。
情報があふれる現代社会で、完全に情報を遮断されると人間はどうなるかという企画。

自分だったらその時間をどう過ごすか考えてみました。
企画はひとつだけほしいものを与えられるという言う条件付き。
で、私だったら「紙」を頼むという結論に至りました。

はじめにぱっと思いついたのが、
・音楽
好きなRADの曲じゃなくて、モーツァルト等のクラシック。音楽は人の心を癒すというし。

・紙
絵を描く時間がたっぷりあるし、自分の考えをまとめたりもできる。
インプットができないんだから、せめてアウトプットを思いっきりやる時間にする。
(鉛筆・消しゴムなどは最初から与えられてるという前提。)

・本
本、といっても一冊に決めるのは難しい…(´・ω・`)
企画では1ヶ月位は生活を続ける条件だったみたいなので、簡単な本だとすぐ用無しに。
ならば、広辞苑とか分子生物学の本とか700ページ程ある参考書にして、大量の知識を詰め込む。

・筋トレグッズ
ずっと室内で隔離されて生活するなら、体力が急激に落ちそう。
運動を効率よく行うためのグッズ。

・カレンダー付きソーラー電波時計
外からの情報が遮断されて何が狂ってくるって、時間感覚。
ソーラー電池なら止まる心配も無いし、電波時計にしておけば狂わない。

の5つ。
音楽は自分で歌って何とかする。
本はかなり捨てがたいけど、インプットだけしてもアウトプットできないのは辛い。いざとなれば自分で話を作ればいい。
筋トレは自分の身ひとつで何とかなる。
日にちは食事でカウント。時間は分からないけどそれはしょうがないかな。むしろ、何も無い状況で時刻が刻々と刻まれていくのを見ているほうが気が狂いそう;
という訳で、「紙」が一番妥当かな。

私も時々は意識して、アウトプットのみに集中する時間を作ろう。
もちろん、1週間のうち数時間ぐらいで十分だけど;
インプットの時間と、アウトプットの時間を明確に分けるのは良い案かな〜と思いました。